ツムツムでコインは野獣とヤングオイスターどちらが稼げる?

 

どうも、管理人のパウワウです。

 

ここでは、ツムツムでコイン稼ぎをする際に、野獣とヤングオイスターのどちらが稼ぐことが出来るのかについて、比較検討していきます。

野獣-150x150 yangu

 

どちらも超強力コイン稼ぎツム。

 

 

いったい、どちらが稼げるのでしょうか?

 

なお、2体のツムの詳細はこちらでまとめていますので、参考にしてくださいね。

 

ヤングオイスターと野獣のスキルを比較!

ヤングオイスターと野獣のスキルをまずは確認します。

 

野獣のスキルは、「斜めライン状にツムを消すよ」です。

ツムツム

見ていて痛いですよね。ツムを見事に切り裂いています。野獣は、斜めライン状にツムを消す消去系スキルの持ち主で、スキルレベルが上がるたびに、スキル発動に必要なツムの消し数が減り、威力もアップしていきます。

  • スキルレベル1⇒消し数:28 消去数:14~18
  • スキルレベル2⇒消し数:24 消去数:18~22
  • スキルレベル3⇒消し数:21 消去数:22~26
  • スキルレベル4⇒消し数:18 消去数:26~29
  • スキルレベル5⇒消し数:16 消去数:29~32
  • スキルレベル6⇒消し数:14 消去数:32~35

スキルレベル1の段階では、スキル発動に必要なツムの消し数が28です。このときに、正直つかいものにならないですね。スキルレベル5、6が強いのが野獣と言えそうです。

 

 

一方でヤングオイスターは、「下にヤングオイスターが増えるよ」です。このスキルは、デイジーやミニー、イーヨーと似たようなスキルになっています。

ツムツム

スキルを発動させることにより、画面下にあるツムが、そのままヤングオイスターに変化します。

ツムツム

そして、その後は、下に貯まっているヤングオイスターをチェーンを繋げるだけですので、比較的簡単に高得点を狙っていく事が出来ます。変化したツムが、すべて、スキルゲージに貯まる仕組みになっているので、うまくいけば連続でスキルを発動しやすいです。

 

スキル発動に必要なツム数は、20!!スキルの効果は以下の通りです。

  • スキルレベル1⇒効果範囲:SSサイズ(9~13個)
  • スキルレベル2⇒効果範囲:Sサイズ(13~15個)
  • スキルレベル3⇒効果範囲:Mサイズ(15~17個)
  • スキルレベル4⇒効果範囲:Lサイズ(17~20個)
  • スキルレベル5⇒効果範囲:LLサイズ(20~23個)
  • スキルレベル6⇒効果範囲:3Lサイズ(23~26個)

スキルレベル5になれば、変化数が20で、スキルゲージが貯まるのに必要なツム数に届きますね。ヤングオイスターも、スキルレベル5、6で強力です。

 

スキルレベル5、6の時のそれぞれの強みは?

さて、スキルレベル5、6の時の強みをまとめてみました。

野獣-150x150

【野獣】

・消去威力が29~35と高い

・スキル発動必要数が16~14と使いやすい

yangu

【ヤングオイスター】

・スキルゲージが一瞬で貯まるため、連続でスキルを発動できる

・スキル発動必要数が20と多い

 

 

さて、どちらがコイン稼ぎにむいているのでしょう?

 

スキルレベル5~6のときのコイン稼ぎ動画比較

まずは野獣からアイテムなしの動画があったので見てみましょう。

こちらは、3000コインを超えています。

 

 

スキルレベル4、5、6の比較動画がありましたので、

紹介します。

これを見て頂くと!!

zu1

左から、スキルレベル4、5、6です。

ノーアイテムでも、スキルレベル4で2110枚、スキルレベル5で3306枚、スキルレベル6で4377枚、稼いでいることが分かりますよね。

 

 

普通に野獣は超えますね。

 

ツムツムでは野獣とヤングオイスターのどちらがコインを稼げるか?

プレイの上手さも関係するかもしれませんが、連続でスキルを発動することが出来るヤングオイスターの方が、チェーンも結ぶことが出来ることもあってかコイン稼ぎに向いています。

 

スキルレベル5でも十分に野獣のコイン稼ぎ量を超える事も出来ますよ。

 

 

以上、ツムツムの野獣とヤングオイスターのどちらがコインを稼げるかについてでした。

 

★★★★★★★★★★★★★★★

ツムツムではコインを無料で

GET出来る裏技があります。

詳しくはこちらで紹介していますので、

参考にしてくださいね。

ツムツムでコインをGETする裏ワザ

★★★★★★★★★★★★★★★

目次ページはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ